インプラント

TOP >> インプラント

インプラント

インプラント治療を始める前に歯周病を治療する必要があります。
当院は患者様の歯茎をしっかりと治療してからインプラントを開始します。
そうしないとせっかく入れたインプラントがぐらついたりして長持ちしないからです。

インプラントは、従来の治療法とは異なり、治療すべき部分以外に負担をかけず、天然歯と近い状態にすることが可能です。

奥歯を失った場合
従来の治療法(部分入れ歯) インプラント治療
  • 金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。
  • かたいものが安心して食べられません。
  • 止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。
  • しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。


総入れ歯が安定しない場合
従来の治療法(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し) インプラント治療
  • 入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。
  • 入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

▲ Page Top